Samridhi Jagga

2011年11月16日- コメントはありません 投稿者スタッフを越えて

卒業年:2011
大学 :管理と労使関係の学校、ラトガース大学
学位 :労働·雇用関係のマスターズ
現在のタウン :エジソン、ニュージャージー州
出身地 :チャンディーガル、インド

趣味 :移民、多様性、人的資源と労働関係、健康保険。

現在のタイトル :補償アナリスト、NYとニュージャージーの港湾局

移民への個人的なつながり :私の全体の肉親はもう私の家の国、すなわちインドに住んでいません。 私の姉は、ニュージャージー州に定住し、現在は永住者です。 私の弟は、ニュージーランド市民であると彼の家族と一緒にNZに恒久的に住んでいます。 私の父はインドで2009年に亡くなった、と母はNZの彼女の居住のために適用されています。 私の婚約者は現在、ジャージーシティに定住し、H1Bビザであり、彼の会社は彼の永住を申請しているされています。 私は現在、スポンサーを探している学生ビザでです。 全体的に私は積極的に、私の移民のプロセスに参加した留学生の移民の議論に出席し、彼女の移住プロセスとお母さんを助けたので、私は移民と非常に密接な関係を持っていたと言うでしょう。 私は今、ほぼ3年に国にされていると私は物事は最初は非常に圧倒的でうそをつくことはありません。 それが今、新しい環境、文化、人、食べ物、教育が十分に調整した後にacclimatizing簡単ではありませんでした、私が振り返ると、あまりにもその悪くはなかったと感じています。 私は私を収容しますが、この新しい世界の理解を深めることに私を導いただけでなく、このような良い人に囲まれてラッキーでした。

2010年1月のマスターズの私の最初の年の間にRIIMをEPIDに参加して以来、それの一部となっていると特別なプロジェクト。

  • 南アジア地域や自治体に特に重点を置いてターゲット移民の組織に関する背景調査。
  • 組織を調査し、インタビューに協力。
  • 収集した情報を分析し、グラフィカルにそれを提示するための努力に役立っ
  • ラトガーズ移民インフラストラクチャのマップのために調査し、収集したデータ。
  • NJ、米国内で国外追放にICE(移民関税執行)から収集したデータ。
  • 市民ラトガーズに二度参加しました。
  • SAALT(南アジアアメリカ人が一緒にリーディング)会議の参加者

今後のイベント

  1. 2月
    7
    火曜

    1. 午後4:30 :ロスとメモリの画像:マグダルッチョーニによる絵画
  2. 2月
    10

    1. 午後8:00 ダグラスブラック学生議会プレゼント:第12回"JAZZ 'N JAVA"多文化詩ナイト
  3. 2月
    11

    1. 午後5:00 TWESE年次ファッション·ショー

翻訳者

Facebook上で私たちを見つける

お問い合わせ