州および地方予算のプレッシャー:慈善財産税の免除とパイロット

2012年5月4日- コメントはありません 投稿者に。

時: 戻るカレンダーへ 2012年5月21日@午前10:00 -午後3:30
ここで、 キャサリン·グラハム·会議施設
2100 M St NWの
ジョージワシントン大学、ワシントンD.C. 20037
米国
地図をクリックして表示
お問い合わせ: アーバン·インスティテュート
(202)833-7200

ワシントンD.C.の人に出席するため、 登録が必要です

予算圧力は非営利団体が所有している非課税のプロパティを含む新たな収益源を探すために州および地方政府を余儀なくされた。 この会議は、財政危機、そこから恩恵を受ける慈善資産税の免除や慈善団体に与えた影響について検討します。

議題

10:00〜11:30 -現在の風景

最初のセッションは免除の構造を検討する方法と、それが非営利団体、さまざまなタイプの影響を与えます。

12:00〜13:30 - EDSとクスリを中心に

第二は、非営利の病院や大学、非課税財産の最大の所有者を詳しく見ていきましょう。

1時45まで15:15 -未来の波のように税金に代わる支払いを交渉した?

3番目のセッションには税金に代わる支払の上昇を説明します:状態/地方政府への非営利団体のこれらの自発的な支払いが最善の解決策、どのような選択肢が可能であり、うまく設計されたパイロットがどのように見えるかであるかどうか。

午前3時15分まで午後3時30分-ラップアップ


すべての議題を見る

翻訳者

お問い合わせ