読む:Gianninaブラスキからリーディング:自由を追求

2012年2月1日- コメントはありません 投稿者に。

時: 戻るカレンダー»に 2012年2月28日@ 7:30 PM - 9:00 PM
ここで、 大学院学生ラウンジ、カレッジアベニューキャンパス
コスト: 無料で!
お問い合わせ: サンドラロシオカストロ
848-932-1284

Gianninaブラスキは、詩、小説やエッセイのプエルトリコで最も影響力と多彩な作家の一人です。 フィクションの彼女の新しい爆発的作品、バナナの米国で、ブラスキは、米国に住んで約5000万ヒスパニック系アメリカ人の文化的、政治的な旅を探ります。

同時多発テロのニューヨークの自由の女神に設定し、小説はずっとプエルトリコ第五十一状態となり、米国はすべてのラテンアメリカの市民にアメリカのパスポートを付与するとして発生する影響に達する予想外のパワーシフトを想像。

学部教育担当副社長、カレッジアベニューキャンパスディーン、スペイン語、ポルトガル語、ラテン·ヒスパニックカリブ海研究、比較文学と女性研究のための研究所の事務所が主催。

今後のイベント

  1. 2月
    7
    火曜

    1. 午後4:30 :ロスとメモリの画像:マグダルッチョーニによる絵画
  2. 2月
    25

    1. 午後1:00 バイリンガルリーガルクリニック
カレンダーを見る»

翻訳者

Facebookの

お問い合わせ